« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

アクセス解析

 今日はネタがないので、ひさしぶりに「アドベンチャーゲーム情報★夢のココログ」のアクセス解析(検索ワードランキング)を転載してみます。ブログを始めてから1年半が経ちました。最初は「札幌 回転寿司 トリトン」「倖田來来」など検索ワードはいろいろだったんだけど、ブログの内容をアドベンチャーゲーム情報に特化してから半年が経って、検索ワードもだいぶ濃いアドベンチャーゲーム関連の単語が目立つようになりました。以下、ご参考までに。

2005年09月12日(月)~2005年09月18日(日)
1 攻略 108
2 蘇る逆転 74
3 逆転裁判 52
4 EVE 52
5 generation 47
6 new 45
7 ゲーム 20
8 ミステリート 18
9 かまいたちの夜 18
10 アドベンチャー 16
11 アドベンチャープレイヤー 16
12 � 16
13 推理ゲーム 14
14 新作 14
15 十次元立方体サイフ� 12
16 十次元立方体 12
17 逆転裁判蘇る逆転 11
18 サイフ� 11
19 レビュー 10
20 彼岸島 9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Fragments Blue」

 ITmediaに新しい推理アドベンチャーゲームの情報が載っていました。その名は「Fragments Blue(フラグメンツ・ブルー)」です。断片(カケラ)を集めて謎を解いていく、青春ライトミステリーアドベンチャーだそうです。ITmediaの記事を読む限りでは、なかなか期待しても良さそうな感じを抱きました。グラフィックや選択肢の感じはやるドラぽいかなって思いました。キャラクターデザインには、「インタールード」の堀部秀郎氏、シナリオ原案は「ブラックマトリクス ゼロ」の館山緑氏で、ノベルズファン層への訴求も狙っているそうです。

タイトル:Fragments Blue(フラグメンツ・ブルー)
機種:プレイステーション 2
メーカー:角川書店
発売日:2005年12月8日発売予定
価格:未定

ITmedia
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0509/12/news014.html

公式HP
http://www.pieta.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS2「DESIRE」のベスト版が出ます

 あまり話題にならなかったのですが、昨年、「EVE burst error」で有名な菅野ひろゆきの代表作「desire」がPS2に移植されました。その「desire」の廉価版の発売が決定しました。

タイトル:DESIRE ベスト版
メーカー:インターチャネル
機種:プレイステーション2
発売日:2005年10月27日
価格:3045円

アマゾン(予約・購入ができます)
DESIRE ベスト版
B000AOX7LK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「かまいたちの夜」シリーズの新作が出ます!

 セガのHPでリリースがありました。<株式会社セガと株式会社チュンソフトは、両社の家庭用ゲームソフト事業において業務提携し、チュンソフトが開発するゲームソフトに関して、セガが日本国内で発売をすることとなりました。>とのことです。具体的に発表されたタイトルは以下の通りです。

・かまいたちの夜2 ~監獄島のわらべ唄 ~PSP Special Edition(仮称) PSP
・街 ~運命の交差点~ PSP Special Edition(仮称) PSP
・かまいたちの夜シリーズ 新作(仮称) PlayStation 2
・不思議のダンジョン 風来のシレンDS(仮称) ニンテンドーDS

 「かまいたちの夜2」と「街」の移植は別に驚かないのですが、「かまいたちの夜」シリーズの新作には驚きました。「かまいたちの夜2」はネットではいまいち評判が悪いですが、グラフィックも豪華でしたし、シナリオもホラーやオカルトが中心なものの、さまざまなシナリオがあって、自分は楽しめました。なので新作にも期待しちゃいます。リリースによれば、2006年発売とのことです。楽しみがひとつ増えました。

情報元HP
http://sega.jp/release/nr050909_2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「逆転裁判 蘇る逆転」今月15日に発売です!

 ゲームボーイアドバンスで絶大なる人気を誇った「逆転裁判」シリーズの最新作「逆転裁判 蘇る逆転」が、ニンテンドーDSで今月の15日に発売されます。今作は「逆転裁判1」のリメイク+完全新作の第5話という構成です。しかし、リメイクだからといって残念がる必要はありません。完全新作の第5話のボリュームは第1話から第4話までをあわせたものに匹敵するほどのボリュームがあるそうです。なお、GBA用の「逆転裁判1」をもっている方は、DSに両方のソフトをさすことによって、いきなり第5話からプレイすることが出来ます。粋な計らいですよね?「脳を鍛えるトレーニング」、「やわらかあたま塾」、「nintendogs」など話題のゲームも多いですし、まだニンテンドーDSをもってない方はこれを機に本体ごと購入してみるのもいいかもしれません。ちなみにニンテンドーDSのアドベンチャーゲームで他に名作といえばなんといっても「探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件」です。逆転裁判に負けないくらいオススメですよ。推理小説作家の綾辻行人のファンの方にもオススメします!

タイトル:逆転裁判 蘇る逆転
機種:ニンテンドーDS
発売日:9月15日
価格:5040円(通常版)
発売元:カプコン

逆転裁判~蘇る逆転ブログ
http://ameblo.jp/gyakuten

公式HP
http://www.capcom.co.jp/ds_saiban/

↓予約・購入はこちらから(アマゾン)
逆転裁判 蘇る逆転
B0002FQD86

ニンテンドーDS
B0007XQ3ZG

探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件
B0007L8UAE

| | コメント (0) | トラックバック (1)

EVEシリーズの新作!?

 ソースが2ちゃんねるの書き込みなのでまだ確実ではないですが、EVEシリーズの新作「EVE new generation」が発売されるそうです。シナリオは「Ever17」「Remember11」を手がけた打越綱太郎さんが担当するそうです。もし本当だとすればなかなか楽しみですね。菅野ひろゆきが手がけた初代burst errorの後は、lost one、adam、zero、TFAとあまり評価が良くないですので、いまさら・・・という感も拭えないですが、まあとりあえず様子を見ましょうか。

ソース(2ちゃんねる)
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/famicom/1120644448/

>『EVE new generation』
>角川書店/ADV/今冬
>プロデューサー:金杉はじめ
>キャラクターデザイン:橋本タカシ
>シナリオ:打越鋼太郎
>『EVE burst error』のあと「小次郎」と「まりな」が新たな事件に!!
>・マルチサイトシステムは健在
>・『EVE』シリーズで登場したサブキャラクターも登場(「桂木弥生」「甲野三郎」他)
>・CVはこれまでと同じ人を起用

関連商品(アマゾン)
EVE burst error PLUS
B0007CVYW4

EVE The Fatal Attraction(ゲームビレッジ・ザ・ベスト)
B00007F7QM

EVE ZERO(ゲームザビレッジ・ザ・ベスト)
B00005UF5Z

EVE burst error PLUS オフィシャルガイド
ファミ通書籍編集部
4757715587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »